クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

あのセルクナム族がわが家にやってきた!

 

トーです。

昨年あたりからでしょうか、南米フエゴ諸島にに住んでいたセルクナム族の歴史と文化に興味があります。

セルクナム族(-ぞく、Selknam)とは、ティエラ・デル・フエゴ諸島を含むチリ及びアルゼンチン南部のパタゴニア地域に嘗て居住していた民族。オナ族(Ona)とも。

南米最後の先住民族の1つとされ、19世紀末にチリ・アルゼンチン両国政府がティエラ・デル・フエゴの探索と領有を進めた結果、絶滅に追い込まれた。
元々南米大陸を先住の地としていたが、マゼラン海峡をカヌーにより縦横断しティエラ・デル・フエゴ北部に住み着いたと考えられている。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/99/Selknam.jpg/250px-Selknam.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/84/Niños_Selknam.jpg/250px-Niños_Selknam.jpg

セルクナム族 - Wikipedia

 最近ではフエゴ諸島の研究をライフワークとした人物による、決定版とも言える書籍が発売され、この部族のことは世に広く知られつつあります。

そんな折、とあるツイートを私は発見してしまったのであります。

フリー造形作家として活動されている、いけぞー(‪@ikez0)さんが、セルクナム族のフィギュアを製作されていたのです。ブログ「いけぞーのアトリエ」では、これらの製作過程をうかがい知ることもできます。

わたしは迷わずコンタクトを取り、この愛くるしい姿のフィギュアを全種購入させていただくことになりました。 本来、デザインフェス出品用の商品とのことでしたが、お分けしていただけて本当に光栄です。

名前は左からタヌ、ハラハチェス、マタン、コシュメンクといいます。3頭身ほどにデフォルメされた姿がとってもカワイイです。お気に入りはハラハチェスですね。

f:id:anarogtarou:20170609151122j:image

フィギュアの造形は塗りやポージングはもちろんのこと、丁寧なパッケージングと付属の解説帯も素晴らしい仕上がりでした。

f:id:anarogtarou:20170609151137j:image

f:id:anarogtarou:20170609151148j:image 

こんな塗り絵も同封されていました。これは娘と一緒にヌリヌリしたいと思います。めっちゃPOP!

f:id:anarogtarou:20170609151518j:image

悲しいことに、白人による迫害と伝染病のまん延により、この部族はひとり残らず滅びてしまいました。いまやハインという祭典を見ることや、彼らに会うことが叶うことはありません。

しかし、先にご紹介した書籍やウェブ記事、このフィギュアが存在することによって、我々は彼らが生きていた証を記憶し、それをつないでいくことができるのです。そういった意味で、今回いけぞーさんがセルクナム族のフィギュアを製作されたことには、たいへん大きな価値があると思っています。

テーブルに並べたフィギュアを眺めつつ、南米最南端の地で生きた、セルクナム族の謎多き歴史と文化に想いを馳せる今日このごろです。

 

 【こちらの記事もいかがでしょうか】

山と生きた人々の、超重要記録。田口洋美「新編 越後三面山人記 マタギの自然観に習う」を読んだ。

このすばらしき有害図書「新 荒唐無稽音楽事典」

これから山へ登る人にもおすすめする、私の好きな山の本と、心にとどめている山の本。

 

地味に変わった、グラナイトギア・トレイルワレットの2017年モデルがイイ感じ。

 

数年使ったGRANITE GEAR(グラナイトギア)のお財布を捨てることにしました。このハイカーワレットはペラくて、小さくて気に入っていた商品です。

 ループ部分に付属されたカラビナに車のカギを取り付けていましたが、縫い付けてある部分が徐々に裂け、コインが飛び出るほどに穴が拡大してしまいました。ナイロン生地は摩擦には強いものの、縫い目の部分の負荷には弱いそうですね。

f:id:anarogtarou:20170609172221j:image

ホチキスで留めたり、縫い合わせてしのいでおりましたが、さすがにみすぼらしく見えてきて、世間体みたいなものが気になりだしたら最後、私の負けです。山、フェス、普段使いと、いいお供でしたが処分することにしました。

そして迎えた新たな財布は… f:id:anarogtarou:20170608170811j:image

またもグラナイトギア・トレイルワレット。

今回購入したのは2017年モデルのSサイズ。今回の変更点として、ジッパー位置が財布上部から正面側へと移動しています。言われないと気づかないくらい地味なマイナーチェンジですが、この変更でずいぶんと中身が取り出しやすくなりました。ジッパーのパーツも小さく、ほぼ端から端までひらくことができるので、硬く曲がりにくいカードも出し入れが容易です。こう、ガバッといけて気持ちいいですね。

f:id:anarogtarou:20170609171933j:image

最近いろんなガレージーメーカーさんもクオリティの高いハイカーワレットを販売されており、そういうのも使ってみたいと思ったのですが、いちど使い慣れてしまうと、それから離れることが不安になってしまう性格なので、また同じようなタイプを選んでしまうんですよね。

これからまた世話になります。

こちらの記事もいかがでしょうか】

 

BIGLOBEの格安SIMなら1880円からエンタメフリー。

 

YouTubeなどの動画や音楽が通信量を気にせず楽しみ放題! 3GB以上のプランに対応したエンタメフリー・オプション 音声通話SIMの利用なら月額480円(税別)

BIGLOBEのエンタメフリー・オプションが3ギガプランからでも申し込めることになりました。心おきなくDOMMUNEYouTube配信を見られるってことですね!

これで、特定のサービスにおけるネット通信量がカウントされず、安価なネット接続が可能になります。

私は4月から3GBプランを使っていますが、月半ばごろには容量オーバーで速度が落ちるので、6ギガへの変更を考えていた次第。これはなんとも嬉しいニュースです。

エンタメフリー・オプション | 格安SIM / 格安スマホ | BIGLOBE SIM

このオプション、少しずつ対象サービスが拡大してきておりまして、新たにradikoも加わりました。格安SIMを提供するMVNOで、ここまでカウントフリー対象が多いのって、BIGLOBE SIMくらいなのではないでしょうか?

◇対象サービス
 ・YouTube
 ・Google Play Music
 ・Apple Music
 ・AbemaTV
 ・Spotify
 ・AWA
 ・radiko.jp

この充実っぷり。

私の場合、音声通話SIMなので、オプション料を加えて毎月2080円でカウントフリーになります。1年使ってもトータル3万円かからないわけです。

ちなみに3ギガプランのデータ通信のみなら月額1880円から利用できますよ。

数年前までは考えられないくらい、通信にかかるコストが下がってきてて、その上サービスが充実しているとは、驚くしかないです。

「限界費用ゼロ社会」で読んだ世界へ少しずつ近づいているような気がします。

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

 

すごい時代の流れですね。ガラケーの定額制通信に5千円以上も払っていた時代が遥か昔のように感じます。

さっそく申し込みました。

【こちらの記事もいかがでしょうか?】

 

イタリア産クラフトビール RETHIA(レシア)を飲んでみた。

 

トーです。

2017年1月より日本に上陸したイタリア産クラフトビール「RETHIA」を飲んでみました。(イタリアっぽく巻き舌で)「ルゥエスィア」って読みます。

マグノリア(ベルジャンホワイト)、リセップ(ベルジャンペールエール)、ジェットラグ(アメリカンIPA)、マリアマタ(アメリカンペールエール)と、ちょっと面白い名前が特徴的です。味の紹介は輸入代理店・バーチさんのプレスリリースをご覧ください(雑)。

http://baci.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/11/Rethia紹介web.pdf

レシアのビールは250mlで400円近くするので、私のような下層階級には気軽に買える値段ではないのですが、オンラインアウトレット・GLADDにて割引になっていたのでちょっと奮発しゲット。「賞味期限間近にて」と但し書きがありましたが、8月まであったので全然平気でした。

今回飲んだ4つの中で、好みだったのはベルジャンペールエールの「リセップ」。

バニラや、ハニー系の香りが強く、ビールというよりカクテルやジュースを飲んでいるような感覚でした。最近はIPA一辺倒で飲み比べをしてきたせいもあってか、香りのオリジナリティがとても印象に残っています。

そしてこの商品、無ろ過、無殺菌、瓶内二次発酵が特徴なので、保存期間で熟成具合が変わっていくそうです。開栓時期で違う味わいも楽しんでみたいところですね。

 各種のラベルにはオススメ料理とのペアリングが載っているくらいなので、単体よりも食事とあわせて飲んだほうがいいんでしょうね。宅飲みやパーティをちょっと豪華にやりたいときに用意してみたいビールです。

一度は飲んでみたいと思っていたRETHIA。おいしかったです。

アマゾンでも取り扱いありました。378円/1本なり。

【関連記事】

 

すんごく軽くてすんごく小さい。世界最小LTEスマホ「Jelly」国内販売。

http://cache.cart-imgs.fc2.com/user_img/welt/a183bb0099e54de158806f23a37c96a9.png

めっちゃ軽いスマホが出てきました。本体重量は、60.4g。iPhone6のちょうど半分。

中国Unihertz社から、世界最小のLTEスマートフォンをうたう「Jelly」が国内発売されます。Kickstarterでバッカーを募るやいなや、最低目標額の3万ドルを57分という超短時間で達成、12日時点で77万ドルを集めるほどだとか。

軽いので、私なら山に行くときにだけiPhoneからSIMを差し替えて携帯したいです。しかも1万円もしないなら外で少々雑に扱って壊れても割り切れるかなと。GPSジャイロスコープも備えているので、ランニングやトレーニングなどのアクティビティでログをとるような方にもよい選択肢かと。

あとは、格安SIMとセットで親に贈るとかどうでしょう。

そういえばうちの母、知らないうちにらくらくスマホを買ってたんです。このまえ見せてもらったのですが、あれはいわば「タッチパネルのガラケー」なんですね。使い勝手悪いし、アプリストアも使えないシロモノでびっくりしました。

これ、母におすすめしておこうと思います。

仕様:

ディスプレイ 2.45インチ、240×432ピクセル、タッチパネル

本体カラー ブラック/ホワイト/ブルー

本体サイズ 高さ92.3×幅43×奥行13.3mm

本体重量 60.4g

OS Android7.0(Nougat)、日本語対応(44カ国多言語対応)

CPU クアッドコア1.1GHz

バッテリー 950mAh、待ち受け1週間、連続通話3日間、交換式

端子 MicroUSB、3.5mmイヤフォン

カメラ 前面200万画素(FF)、背面800万画素(AF)、1080P動画撮影可能

SIMカードスロット デュアルNanoSIMカードスロット(FDD-LTE、TD-LTE専用/GSM専用)

SDカードスロット MicroSDカード、最大256GB、SDXC

内蔵メモリ+ストレージ Jelly1GB+8GB/Jelly Pro2GB+16GB

無線LAN 802.11 a/b/g/n 2.4GHz/5GHz

Bluetooth Bluetooth4.0

センサー GPS、加速度センサ、電子コンパスジャイロスコープ

機能 Google Playストア搭載

ネットワーク 4G LTE

バンド

GSM 850(Band5)/900(Band8)/1800(Band3)/1900(Band2)MHz

WCDMA 850(Band5)/900(Band8)/1900(Band2)/2100(Band1)MHz

FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

TD-LTE Band40

適合認証 CE、FCCRoHS

パッケージ内容 本体、充電器、USBケーブル、マニュアル

【日本語版】中国Unihertz社製スマホ「Jelly」 - ヴェルテ

販売は直営店の完全予約制で、お値段9,800円-12,800円。

販売URL:http://welte.jp/ca7/71/p-r-s/

 

【こちらの記事もいかがでしょうか?】

やっぱりR1が好きだ。

またR1買っちゃいました。めっちゃいい状態の中古ですけどね。ちなみにヨーグルトではなく、パタゴニアのフリースジャケットR1です。

f:id:anarogtarou:20170428134945j:image

今回購入したのはターコイズカラーのレディースM。レディースサイズは胸囲や袖幅がメンズラインより細くシェイプされていて、ダボつきなくスッキリ着られるので好きです。写真は袖をまくっていたのでグジャグジャっとしてますがね。

私は身長167センチ、体重53キロなので、USメンズXSやUSレディースMがジャストとなっています。

 寒い時はインナーとして、暑い時は1枚でも着られるという多用途なところがR1のいいところ。あと、長く着たあとでもクサくなりにくいところが◎。ポリジン加工という永久的な消臭加工なのですが、この加工はとても優秀です。

ここだけの話、職場で冬の間もずっと着ており、この春までほとんど洗ってませんでした。その告知なしでこのフリースを嗅いでもらったところ、家族等からは『別に気にならない』との評価でした。

登山で大汗かいたあとはさすがに気になりますけどね。

はじめは意外にペラい印象があり性能を心配しましたが、裏地のグリッドパターンによって表面積が大きくなり、生地の厚さとは裏腹な保温性もポイントです。

f:id:anarogtarou:20170428140030j:image

個人的に、なんとなく長い毛足のフリースが苦手で同社のR2やR3は着たことがなく、R1だけ3枚に増えました。私が山へ入るのは基本的に3シーズンの登山やハイクだけなので、このくらいのスペックががちょうどいいと感じています。

フード付き、ハーフジップタイプなど、複数の仕様から選べるところもいいですね。

中でも外でも、良きお供として頼りにしている一着です。これからもマメにネットをチェックし、安いものを虎視眈々と狙います。

(パタゴニア)patagonia M's R1 Hoody 40074  BLK S

(パタゴニア)patagonia M's R1 Hoody 40074 BLK S

 

 こちらの記事もいかがでしょうか】

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com


 

グランドキリンIPAは重要なポジションにある。

トーです。

グランドキリンの新ラインナップ『JPL』と『IPA』のうち、IPAを買ってみました。

f:id:anarogtarou:20170416225703j:image

グラスに注ぐと、エールならではの少ない泡立ちで、きれいな琥珀色です。一口ごとにキメ細かく発泡し、ズシっと重めな飲み口や締まった苦味はまさにIPA冷蔵庫から出して5〜10分おいとくと、その特徴がより感じられると思います。キンキンに冷やしてゴクゴクいくのはもったいないですね。

これからの時期にぴったりなフレッシュさ全開な一杯でした。今日も一日家族が無事で、ビールがうまいって本当に幸せです。

ただ、ローグやブリュードッグなんかのIPAを知ってしまった今、グランドキリンにやや物足りなさを感じたのも事実。まあでも日本のビール製造量のうち99%がラガーというなか、コンビニで気軽に国産IPAを買えるという時代は素敵だと思います。

メーカーが揃いも揃って、工業製品のようにビールを作りまくって売り上げる時代は終わりが見えてきているので、こういったラインナップの充実は必然の流れでもあるわけですけどね。

時代の流れに伴い、人間のライフスタイルは変化しています。お酒の楽しみ方もしかり。一概に大手メーカーのせいにはできないけど、そういった変化を受け止めることなく、今までのやり方を続けたことで若い世代から『ビールはダサい』『同じ味ばっかで飽きる』って思われてるらしく、私はそれが残念すぎるんですよ。

メーカーには、ビールにはもっと奥深い世界があるということを積極的にアピールし、日本のビール文化を拡大していく役目があると思います。

大げさかもしれませんが、そんな意味でもグランドキリンIPAは今、かなり重要なポジションにあるのではないかと思うのであります。

キリンさん、製造やめないでね。

 

 

シュピゲラウ(Spiegelau) クラフトビールグラス IPA インディア・ペール・エール(1個入) 540ml 4992552 4992552

シュピゲラウ(Spiegelau) クラフトビールグラス IPA インディア・ペール・エール(1個入) 540ml 4992552 4992552