クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

新津の駄菓子屋『昭和基地一丁目 C57』で昭和にタイムスリップしてきた。

サトーです。

先日、新潟市美術館で開催中の「アンパマンとやなせたかし展」へ行きました。やっぱり原画の持つ力は大きいですね。テレビやパソコン、スマホの画面では伝わりきらないタッチが見えたことに感動しきりでした。

f:id:anarogtarou:20170106105741j:image

美術家として、もっと別の道で大成できたであろう技術を持ちながら、子どもたちが大きな夢を育んでいけるような世界を望み、自分の全てを捧げたやなせさんの情熱が、自分の胸にビシビシと伝わってくる展示でした。

ギャラリーショップには、高知のギャラリーでしか買えない詩集があったのですが悩みに悩んで結局買わず。でも買っておけばよかったなぁと、そこだけちょっと後悔しています。

この日はせっかくの遠出だったので、その足で、同じ新潟市秋葉区にある『駄菓子や 昭和基地一丁目C57(しごなな)』にも寄ってみました。

以前、新聞記事で見かけてから気になっていたのですが、なかなか訪れることができず、今回ようやく訪れることができました。

で、本当に申し訳ないんですけど、新津の商店街は決して活気があるとは言い難い雰囲気でしたね…。でも鉄道の街らしく、いたるところで鉄道の絵やオブジェを見かけました。車で通り過ぎるにはもったいないような、ブラッと街歩きが楽しそうな街です。

f:id:anarogtarou:20161226083931j:image

このお店は以前おもちゃ屋さんだったのですが、地元の商工会議所が空き店舗を改装して6年前にオープンしました。「C57」というのは、鉄道の町・新津らしく蒸気機関車の名にちなんでおり、そのC57は今も「SLばんえつ物語号」として4~11月の土日祝、新潟駅会津若松駅を1日1往復しているそうです。

C57さんのTwitterは2014年で更新が止まっていたので少し心配していましたが、営業されていたのでひと安心。

中に入ってみると、沢山の駄菓子が陳列され、ホーローの看板、学校の机や椅子など、レトロなこだわりがそこかしこに!

私自身は昭和の生まれですが昭和63年ですので、懐かしいというよりは新しさを感じながら店内をながめていました。私の娘はお菓子の山に大興奮。子どもの好きなものしかありませんからね。

f:id:anarogtarou:20161226084012j:image奥の小上がりでは飲食もできます。この日はカレーのいい香りがしていました。f:id:anarogtarou:20161226084020j:image

V3に、パタパタする時計、ナショナルの旧ロゴ…たまりません。

f:id:anarogtarou:20161226084028j:image

小学生の頃を思い出しますねぇ。

f:id:anarogtarou:20161226084516j:image

f:id:anarogtarou:20161226084645j:imageうまい棒は全種類ありますよ!!

そして、子どもが計算しやすいよう、全ての品は税込み表示という明瞭さ。素敵な気配りですね。

 

この日の滞在時間はわずかでしたが、せかせかしない、ゆったりとした時間を感じられる空間で、大人も子どもと一緒に楽しめるステキなお店でした。実際に、お孫さんを連れたお年寄り夫婦や、学生グループ、カップルなど、さまざまな年代のお客さんでいっぱいでした。

f:id:anarogtarou:20170106105815j:image

やなせたかし展もまだ会期がありますので、そちらをご覧になって、C57にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。昭和にタイムスリップしたかのように、童心に返って楽しむことができますよ。

そうそう、入り口付近の顔はめパネルで記念写真もお忘れなく!

f:id:anarogtarou:20161226103036j:image

店舗情報

駄菓子や 昭和基地一丁目C57

〒956-0864 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目5−8

tel:0250-25-3457

営業時間:平日12時~18時、土日祝日10時~18時(火曜定休)

https://www.facebook.com/dagasic57

駄菓子や昭和基地一丁目C57(しごなな) (@niitsuc57) | Twitter

 

Take suicide/Flo&Andrew(’81)

Flo&AndrewのTake suicideが届きました。

Mannequin Recordsより発売された、81年作のリイシュー盤です。入荷が遅れて最近やっと届きました。同じころ届いたNegiccoの新譜「愛、かましたいの」が遠くかすむほどの奇作でした。

全編にただよう宅録感と、歪みまくった嗜好で作られたであろうこの盤の音に、自分の好みが合いました。

そして、80’sと言えばキラキラしたシンセポップ全盛というイメージをもっていましたが、それはガラガラと崩れ去っていきました。

そのイメージは、その時代のテクノポップばかり聴いていたせいもあるのですが、みんながみんなそうじゃなかったわけですよね。ATARI TEENAGE RIOTすらぬるく聴こえます。

 

A面の「Take suicide」は左右でパターンやBPMの異なる、汚れたマシンビートがずーっと鳴っていて、ノイズにまみれながら「テェェーイク…スゥーーサァァァイド」と男の声がかぶさってきます。絶句し唖然としているうちに終わりました。

B-1も同じような感じだったので顔が引きつるもB-2「Japanese girl」でようやく、ふわふわとして心地よいシンセが聴こえてきて安堵します。「助かった!」と思いました、本気で。

www.youtube.com

www.youtube.com

アナログ盤といえば、よく「レコードの音には温かみがある。」などと言われる方がいますが、果たしてこれを聴いてもそんなことを言えるのかと問いたいです。

この盤はオカシイ。

ピストルををこめかみに突きつけた男のジャケからしてオカシイ。
一面真っ赤なジャケットはヴィヴィッドで好きですが、これを書きながら「拳銃…赤…もしかして血!?」と気づいてドン引きです。

オリジナル盤は中古を探してもあまり出てこないし、このリイシューを機にして、買えるうちに買っておくべきかと思います。

マネキンレコーズからは他にもカッコいい作品がたくさんリリースされているので、チェックしてみてください。Take suicideのようなものばかりではないので(笑)

Amazon.co.jp: Mannequin Records analog

Take Suicide [Analog]

Take Suicide [Analog]

 

 【関連記事】

レコードの日なので。(2016/11/8 追記) 

OGRE YOU ASSHOLE/寝付けない 

”ディスコは君を差別しない” 坂本慎太郎/できれば愛を

タカハシユキオ(YKOYKO™)さんからボウイのステッカーを頂きました!

30分1トラック。NYANTORA/Duenn/Hair Stylisticsの即興セッション「YCAM LIVE」 を聴いた。 

 

太陽光充電で12時間使える、小型LEDソーラーランタン・MPOWERD LUX

 

先日、メキシコで働いている妹が一時帰国しました。
普段からネットでやりとりしているせいもあってか、数年ぶりにあった気がしません。これはいいのか悪いのか。
年が明けたらまたメキシコへ戻るそうなので、なにか餞別を渡そうと思い、欲しいものを聞いたらこれをリクエストされました。

太陽光充電できるLEDランタン!

生活防水機能もあるのでキャンプやフェスでも使えます。本体の直径はCDと同じくらいで、空気を抜けばペチャンコになります。カバンの隙間に差し込んでおいたり、本体付属のループを使ってどこかにぶら下げておくことも可能です。

いいですねこれ。わたしもこれを使ってもっと太陽の恩恵に預かりたい!!
ただひとつ難点としては、太陽光のほかに充電方法がないところ。
メキシコはいい日差しが多いそうなので問題ないでしょうが、ここ新潟は雪が降れば昼間も空が暗いので、この時期は充分な充電が望めないでしょうね。そこだけちょっと気になります。
まあ、太陽が出ている日に一度充電しておけば、しばらくは待つと思います。

わたしの妹は、モノをあまり持たない暮らしをしていて、現地での引越しもトランク1つで済ませるという、レディ・ガガみたいな人です。

なので、当然いらないものは持たないし、本は借りるか、買って読んでから寄付。身の回りのものは基本的にコンパクトで機能的なものを選んでいるそうです。フェスやキャンプも行くそうなので、このランタンはそんな妹のライフスタイルに合っていると思いました。

年が明ければまたしばらくは会えなくなりますが、遠くメキシコで楽しく、元気に暮らしてほしいと思います。本心はわからないけど、両親が全然さみしそうじゃないところも幸いでした。

試しに点灯。穏やかで暖かい明かりですね。(撮影地:コタツ)
クリアタイプは吹き込んだ息のくもりが気になるので、それが目立たないスモーク?タイプがオススメです。光の広がり方も柔らかく見えますよ。2つで5800円ちょっとしました。

おススメです。

MPOWERD LUX エムパワード ラックス 暖色インフレータブルLEDソーラーランタン

MPOWERD LUX エムパワード ラックス 暖色インフレータブルLEDソーラーランタン

 
アイム・ミニマリスト

アイム・ミニマリスト

 
 

こちらの記事もいかがでしょうか?】

clo-gen.hatenablog.com

創業約70年の歴史に幕。ありがとう、みかわや。

 

とてもローカルな話になるのですが、
昭和22(1947)年の創業以来、子どもたちに夢を届け続けた十日町のおもちゃ屋「みかわや」が、その長い歴史に幕を下ろすことになりました。
今年の12月末で営業を終え、同じ市内にある「パルみかわや」との統合という形で閉店となるそうです。
その閉店にともない割引セールを始めており、娘に何かいいものがあるかなと思って、このあいだ久々にお邪魔しました。

 妻や娘とお店の中を歩いていたら、いつか訪れた時の記憶が蘇ってきました。
その昔、わたしは母とバスで出かけた買い物がてら、しょっちゅうみかわやに立ち寄っていたのです。
本町3丁目のバス停を降りて歩き始め、お店が見えてくるとだんだん早足になるわたし。ついには「おかあさん、オレ先に行ってるね!」と言って店に駆けて行ったのを覚えています。
戦隊ヒーローの武器や合体ロボ、ジグソーパズル、ミニ四駆スーパーファミコンポケモンカードMTG…当然ながら、自分の成長に沿って買うものも変わっていきましたが、どれも最高に楽しかった遊びばかりです。
みかわやさんは、おもちゃを通してたくさんの夢や楽しさ、喜びを与えてくれました。この経験はずっとわたしの宝物であり続けるのだと思います。

なんだか閉店の寂しさと思い出で胸がいっぱいです。
みかわやさん、長い間ありがとうございました。

 

「どう生きて、どう死ぬのか」

 

先月末、翔泳社が「書き込み式!親の入院・介護・亡くなった時に備えておく情報ノート」というものを発売しました。

いわゆる「エンディングノート」の類となります。

これは介護職員兼ケアマネとして現場にいるものとしても、ぜひ全ての家庭で用意してもらいたい一冊です。
介護の現場にいるとケガ、入院、急変など、日々のなかで実に様々なことが起こります。
そんなとき、身元引き受け人の方だけでは対応の判断に迷い、その方の最期の過ごし方や、求める介護サービスが定まらないことがあります。

例えば状態が変化したご利用者や、ご家族に「どうされたいですか?」などとお伺いしても、この大きな出来事に、即座に対応するのは極めてむずかしく、(そもそも正しい答えはないんでしょうが)答えをすぐに出せないというかたは少なくありません。(わかりやすく説明するためにこう書きましたが、いきなりこんな聞き方する援助方法はNGだと思います。専門的な提案も交え、一緒に考えていくスタンスが要ります。)
そんなときに、あらかじめ入院、介護、看取りなどに関する情報をまとめておいてもらえると、介護が必要な人と介護サービスと結びつける上でとても助かります。こうすることで私たちがスムーズで適切なサービス提供へつなげることができ、ご家族やご本人へ、不要なサービスが提供されるという不利益を避けることにもつながります。

昔の人は「備えあれば憂いなし」といいことをいうもので、まさにこの通りだなぁと思います。さっきも書きましたが、その日は突然やってきます。
なにか適当なノートにまとめておくのも全然アリです。でもまとめておきたい情報が多岐に渡ると、ごちゃごちゃとした混沌の渦にのまれ、作業が頓挫しかねません。

この本ならあらかじめフォーマットが用意されているので、1から始める人にも取りかかりやすくなっています。

もし書ききれなかった場合でも、追加ページをwebから落とせるそうなので、そこも安心ですね。
もうすぐ年末年始でご家族やご親戚が顔を合わせる機会も多いでしょう。そんなときが本書を活用する絶好のチャンスです。「正月からそんな話はなぁ…。」と思われるかもしれませんが、みんな集まる機会ってそうそうありません。そろそろ本腰入れてみるのはどうでしょう。
あと、「老いも若きも1人一冊」って感じで買っておいて損はないと思いますね。年齢や性別は関係なく、明日のことは誰にもわかりませんので。

私は介護を通して色々な利用者やご家族に出会うなかで、自分の生死について考える機会が多くなりました。

「これからどこへ向かい、どう終わるのか。果たしてそれを自分で考えずにうやむやにして、その決定を人に任せていいのか。いやそれは嫌だ。」ってよく考えます。

生き方を考えるなら、死に方に対してもセットで思いを巡らせるべきだと思います。

日々の幸福や喜び、生きがい、悩み、苦しみ…いろんなことを考え、いろんなことと折り合いをつけながら生きるたった一人の自分の人生。共に生きて支え合える人々は周りに大勢いても、自分の人生は自分だけのものであり、自分は誰かの人生をなぞることができません。その逆もまたしかり。だったらその最後だってどうピリオドを打つのか、目をそらさず関心の目をむけていくべきだ、というのが私の考えです。はい。

書籍の紹介から話が逸れていった感がありますが、どこかのどなたかが、いまいちど「どう生きて、どう死にたいか」を考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。

それではまた。ご覧いただきありがとうございました。

書き込み式! 親の入院・介護・亡くなった時に備えておく情報ノート

書き込み式! 親の入院・介護・亡くなった時に備えておく情報ノート

 

 

 

ちょっと断捨離。~CDケース編~

 

トーです。

長年どうにかしたいと思っていたCDケースを捨てることにしました。

結果、めっちゃ気持ちいいです。

買ったのは、「エレコム 省スペースディスクケース 」なるものなのですが、これ、盤はもちろん、歌詞カード・帯・裏ジャケも収納できるのに、厚みは従来のケースの半分ほどにすることができるんです。この手のケースでは、もうほかに選択肢がないかと思います。

CDはそんなに枚数を持っているわけではないのですが、暇な時間に少しずつ移し替え、200〜300枚くらい終わりました。かさが減って気持ち良い!!!!

難点としては。すべすべとした質感なので積み重ねようとすると崩れてしまうところ。数枚なら大丈夫だと思いますが、たくさん重ねると見事に「ザサーッ」といきます。

あと、その薄さと引き換えに背タイトルは隠れてしまうのですが、レンタル屋みたいなインデックスを作ったりすると作品を探しやすいかもしれません。

そして残る問題はカラとなったCDケースのゆくえ。こんな無駄のためにスペースが占領されていたと思うと、さっさと着手しておくべきだったと思います。

とりあえず見なかったことにしてまた次の機会に捨てます。(こういうことをするから片付かない。)

何ゴミなんでしょうか?埋め立てゴミ?

 

 

レコードの日なので。(2016/11/8 追記)

 

今日はレコードの日だったそうですね。各地で開催されたイベントにはまったく足を運べませんでしたが、「ちょっとでもいいから乗っかってみよう」という気持ちで、最近買った盤について少し記録しておきます。

f:id:anarogtarou:20161103213826j:plain

・ESG「A South Bronx Story」

すでにCDを持っていますが、未聴アナログ盤を見つけて安くゲットしました。

私はコンピ「Rough Trade Shop: Post Punk」で知ってからハマったバンドで、このコンピでDNA、The Flying Lizards、Liquid, Liquid、Young Marble Giantsも好きになりました。

やはり何回聴いてもかっこいいなと。ESGはもちろんのこと、SHAGGSとか、にせんねんもんだいとか、女性バンドというものはどうしてこうもカッコいいのでしょうか。

最近はゆるめるモ!Electric Sukiyaki Girls」で知った方もいるらしいですね。

ホフディラン「多摩川レコード」

ノーベル賞をもらった人じゃないほうです。これもCDで持っているのですが、新品アナログを格安で見つけてゲット。

CDとは収録曲が異なっていて、残念なことに「ハゲてるぜ」が入ってません。過激との理由で歌詞は載っていない曲なのですが、ちなみにこんな歌詞です。

ハゲてるぜ あそこの親父 ハゲてるぜ みっともねぇな
いくら金を沢山持ってても、あんなハゲにはなりたくねぇな
ハゲてるぜ あそこの親父 ハゲてるぜ 無様な頭
いくら綺麗な奥さん貰っても、あんなハゲにはなりたくねぇな 

名曲「スマイル」も別バージョンで収録されています。先日連載が終わった「こち亀」のアニメ版主題歌になっていたそうなのですが、なぜか記憶にないんですよね…。

POLYSICS「KAJA KAJA GOO(WITH TOO SHY)/BLACK OUT FALL OUT」・「NEW WAVE JACKET/MY SHARONA」

新品7inchピクチャー盤2枚。海外レーベルのプロモ盤として出た物です。10年くらい前、ポリの公式通販サイトにもあったのですが、当時の私はアナログの面白さを知らずスルーしており、今になってやっと手に入れました。もったいなくて針を落とせません。

そういえば、結成20周年記念ライブのチケットが確保できたので、3月は豊洲へ行ってきます!なんとかその日まで生き延びたいです。

ちなみにこの7インチの収録曲はすべてベスト盤で聴くことができます。

最近の買い物はこのくらいですかね。

今月はいよいよヒゲの未亡人、Flo & Andrewの作品が再発売となるので楽しみです。こうしてまた、倉庫と化した実家の部屋が少しずつ狭くなっていきます。

(2016/11/8 追記)

そういえば、自分が初めてレコードを触ったのはいつだったっけ?と思い返していました。

小学校低学年のころでしょうか、兄と共同で使っていた部屋に、父の古いステレオシステムが置かれたままになっていました。そこにあったパイオニア製のターンテーブルを触ったのが、私のレコード初体験でした。初めて聴いた盤は、父か叔母が持っていたアニメのサントラ盤だった様な気がします。そのアニメが何だったのか思い出せないのですが、おそらく80年代なので絞り込んでさがしてみたいと思っています。

そして、そのステレオには、つまみやスイッチがたくさんついていました。どれをどう構うといいのやらわからず適当にいじっていたわけです。小さい頃って興味本位でなにかとフルテンに回しちゃいますよね。

すると突然、FMが爆音で流れて心臓が張り裂けそうなくらいびっくりしたこともありました。こういう体験も良い思い出です。

それで、そのアニメのサントラ盤のほか、YMOの「公的抑圧」や「BGM」、ヴァン・ヘイレン「1986」、タイトルを忘れましたがレインボーのアルバムなんかを回してみた記憶もあります。でも当時はそれらを聞いても全然つまらないと思っていて、ステレオは場所もとるので倉庫へ片付けてしまったのでした。

音楽に興味を持つようになるのは高学年になってからのことで、その時の自分は、20歳の自分がレコードにのめり込むことを知りもしなかったでしょう。

 

 【関連した記事もぜひごらんください】

OGRE YOU ASSHOLE/寝付けない

”ディスコは君を差別しない” 坂本慎太郎/できれば愛を

ナードと壁の花を笑え。苫小牧のバンド・NOT WONKに出会う。

 タカハシユキオ(YKOYKO™)さんからボウイのステッカーを頂きました!