クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

理想のカメラバッグMOUNTAIN EQUIPMENT Waterproof Camera Bag

私はフィルム機・Nikon F6と共に山へ出かけています。

山での撮影に際し、悩むのはカメラの携行方法であります。
これまで、モノ選びにおいて考えが足りていなかったがために、宣伝文句ばかりに目が行ってしまい、実際の使用状況と目的に合ったバッグ選びができていませんでした
そこで今回はポイントを整理してみました。
・上下動の多い移動時でも、出来る限りブレを抑制できる。
撮りたいときにカメラを取り出せるよう、開閉機構が簡素である。
 
この2つのポイントを重視してリサーチし、
見つけたのがMOUNTAIN EQUIPMENTのWaterproof Camera Bagです
カテゴリとしてはショルダーバッグなのですが、2本のベルトをクロスさせて取り付け、たすきがけにすることで体の前面に装着することも出来るバッグです。

f:id:anarogtarou:20160225105217j:plain

f:id:anarogtarou:20160225104908j:plain

f:id:anarogtarou:20160225105208j:plain

まず正面から。ふたとなる部分はGフックをベルトに引っ掛けて留めるシンプルなつくり。しかも金属パーツなので破損の恐れは限りなく小さいでしょう。ふたには止水ジッパーポケットがあり、開くともう一つ止水ジッパーポケットがあります。ただ、生地に伸縮性はないので、それほどの収納力は見込めません。

f:id:anarogtarou:20160225104255j:plain

裏面にはジッパーのないポケットとなっており、マップ等を出し入れできます。バッグ内部には通じておりません。

f:id:anarogtarou:20160225105146j:plain

中にはクッションインナーが付属。取り外し可能な仕切りと、メモリーカードなどを収納できるポケットつき。このポケットは、反対の面にも付いています。
インナーを入れておいても、まだ隙間があるので、小物やいくらかの行動食も入れておくことが出来ます。
 
このバッグは完全防水ではありませんが、私は雨のなかで撮影することはほぼありませんし、雨天時にはカメラをザックへしまうようにしているので、その点はあまり気にしていません。
カラーはそれほど好みではなく、むしろダサいと思ってしまいましたが、残り在庫1・40%オフのものを見つけたので「まあ、色は微妙でも性能は一緒やん。」ということで購入しました。7700円なり。MOUNTAIN EQUIPMENTの公式サイトを見ると、現行商品にはないカラーでしたので、旧モデルの売れ残りかと思われます。
 

f:id:anarogtarou:20160225104305j:plain

f:id:anarogtarou:20160225105400j:plain

試しに機材を詰めて、いつもの山装備と共に装着してみました。OMM Classic 25のショルダーストラップへの干渉は気にならず、チェストストラップ・ウェストベルトを留める邪魔にもなりませんでした。
こうしてたすきがけにしたことで、両方の肩へ均等に荷重がかかるので、中に重たいF6が入っていても非常に軽く感じます。背負い心地にはほとんど影響がありません。ベルトを締めて体に密着させることで、少し走ったり飛んだりしても、カメラの重量に振り回されることはなく快適です。実際のフィールドでの使用がとても楽しみです。
 
「いやー、今回はとっても良い買い物でした。おしまい。」
といきたいところなのですが、裏話があります…。つづく!!
 
広告を非表示にする