クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

川名 壮志著「謝るなら、いつでもおいで」を読んでいます。

図書館で借りたのですが、いろんな意味で読み進められず、延長して借りようと思っている一冊の本があります。

 

ある日突然に家族を失った父親の立場に、どうしても感情が移ってしまいます。いきなり訪れた、どうにも受け入れがたい現実の理解に苦しみ、抜け殻のようになってしまう様に、胸が張り裂けるような思いです。難解だとか、文章量が多いとか、そういったものとは違う理由から、読み進める事が非常につらく感じる事があるのです。

冒頭にもありますように、まだ読み途中ということで、今回は内容の紹介にとどめておきたいと思います。

内容(「BOOK」データベースより)

友だちを殺めたのは、11歳の少女。被害者の父親は、新聞社の支局長。僕は、駆け出し記者だった―。世間を震撼させた「佐世保小6同級生殺害事件」から10年。―新聞には書けなかった実話。第十一回開高健ノンフィクション賞最終候補作を大幅に加筆修正。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川名 壮志
1975年長野県生まれ。新聞記者。2001年、早稲田大学卒業後、毎日新聞社入社。初任地の長崎県佐世保支局で「佐世保小6同級生殺害事件」に遭遇する。被害少女の父は支局の直属の上司、毎日新聞佐世保支局長だった。事件から約10年にわたり取材を続け、佐世保支局を離れた後も、少年事件や犯罪被害者の取材にかかわる。警察回りや証券取引等監視委員会なども担当し、現在は東京地方裁判所東京高等裁判所を足場とした司法取材に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

当時、わたしは事件の事をテレビで知り、「高校生の自分よりずっと若い子たちがこんなことになるなんて。」と衝撃を受けたのを覚えています。でも正直、最近この本に出会うまでの間、忘れかけていた出来事でもあります。

この本を知ったことで、12年が経った今、改めてあの事件が起きた背景や、それにかかわった人々の思いを知りたいと思いました。新聞をはじめとする報道機関の仕事の在り方、青少年にかかわる法律や機関の仕組みなど、学びも多いので、最後まで読みたい一冊です。

 

【関連記事】

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする