読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

読むと腹の減る一冊「日本懐かし即席めん大全」

 

 

サトーです。「日本懐かし即席めん大全」という本を読みました。

 世界初の即席めんとなった「チキンラーメン」をはじめ、誰もが食べたであろう定番の即席めんはもちろん、わずかな期間しか製造されず、短命に終わった変わり種商品など、数多くの即席めんがカラーで掲載された、まさに「大全」です。

年代別に変わっていったパッケージの外観を掲載し、味や製造法の解説も添えるという構成、そして、カップめん、うどん・そば、やきそばなどに至るまで、幅広く集めて掲載されているところにも、並みならぬ熱意とこだわりを感じます。

読んでいてもっとも熱くなったのは、やはり日清の「カップヌードル」が世界に与えた衝撃でしょうか。この商品の登場は、その後の食の歴史を大きく変えたとてつもない出来事だったのだなとため息が漏れるばかりです。

そして腹が減ります。

それと、山登りをやっている者としては、これまた日清なのですが89年に発売された「Super Boil」という商品が気になりました。水を入れるとすぐに沸騰し出来上がるという画期的な商品。「これはすごい!山に持っていくにはイイな!」と思ったのですが、残念なことに発売からわずか3年で製造終了となったそうです。今ならアウトドア人気も後押しして、Super Boilが再ブレイクするような気がするのですが…日清さんいかがでしょうか?

 本書を通して、私が生まれるずっと前から存在し、長い歴史のある即席めんの歩みをたどったことで、改めて即席めんの奥深さを知ることができました。とても楽しい、腹の減る一冊でした。

 

そして、この本で辰巳出版を知ったのですが、ほかの「大全」本もなかなか興味深いですね。こちらも読んでみたいものです。

日本懐かしオーディオ大全 (タツミムック)

東京ノスタルジック大衆食堂 (タツミムック)

日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)

日本懐かしガチャガチャ大全 (タツミムック)

日本カセットテープ大全 (タツミムック)

日本懐かし自販機大全 (タツミムック) 

 

 

広告を非表示にする