クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

高齢者の本音が満載。「いちばん未来のアイデアブック」

 

これ、面白かったです。ガチガチの福祉関連書籍って感じではなかったので、とてもリラックスして読むことが出来ました。

福祉や介護の現場の声というよりは「普通の高齢者が、生活や、老いについて考えたこと」がたくさん載っています。そしてこの高齢者自身の声をもとに「こんなものがあるといいかもね」っていうアイディアを提案する本です。

いつか高齢を迎える、全ての世代へのメッセージが詰まっています。

 

ちょっとしたコラムもあるし、時間の捉え方、身の回りの人間関係、買い物について、実際にワークをやってみるというページもあります。こういったページが所々にあるので、うまい具合に頭を切り替えながら読むことができます。

そしてなにより、寄藤文平さんのイラストがかわいいこと!

ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホンで氏のとりこになった私、この本の出版を知りすぐさま飛びついてしまいました(笑)

ぜひ実際に手にとって見て欲しいですね。

 

あと、こっちも読みたいんですが、お財布と相談です・・・。

広告を非表示にする