クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

十日町シネマパラダイスで「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」を観てきました。

 

サトーです。

「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」を観てきましたよ。

タイトルの通り、その創造性と神秘についての素晴らしいドキュメンタリーでした。

教会内部は壮大な作りで、まるで生き物のように躍動しているようでした。少しだけ、そこにいるような気持ちになることが出来ました。

サグラダ・ファミリアの建築が始まった当初の経緯や、その建築に携わる職人や建築家、彫刻家の仕事の様子を紹介し、いま直面している「地下高速鉄道のトンネル工事問題」についても触れられています。とても丁寧な作りであったと思います。

知らなかったこともたくさんありました。ガウディの死後、建築に反対する運動や、後任された彫刻家の彫刻表現をめぐる論争、建物の地下を通ることになる鉄道のトンネル問題など、数々の問題に直面しながらも、多くの人々の愛と信念で完成へと歩みを進めていたんですね。

ちなみに、外見は石造だけど鉄筋コンクリートも結構使っていたりして、昔ながらのやり方で制作されていないようです。まあそうでなければ完成も遠いままでしょうし、ローマ法王だってツイッターをやっちゃう時代なので気にしないことにします。

ますますサグラダ・ファミリアが好きになりました。

お近くで上映していたら、ぜひごらんになっていただきたい作品です。十日町シネマパラダイスでは4/22までとなっています。

 

【こちらもごらんください】

 

 

広告を非表示にする