読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

宮城 公博「外道クライマー」が楽しみすぎる!!

 

早く読みたいんですよねえ、これ。

HONZで読んだ角幡唯介さんの解説が最高すぎて、読みたくなりました。

ちなみに著者の宮城さんは、映画「エヴェレスト 神々の山嶺」にも撮影スタッフとして製作に参加されていたそうです。

『外道クライマー』スーパーアルパインクライマー宮城(1/4) - HONZ

宮城君から私のアウトルックの受信トレイに変なメールが届いたのは、もう4、5年ほど前になるかと思う。彼は、私が自分のブログに書いた北穂高岳滝谷第四尾根の登山の記事を読んでメッセージを送ってきたのだが、それがたしか、われわれの間に起きた最初の接触だった。

最初のやり取りで一番記憶に残ったのは、じつはメールの内容ではなく、彼が名乗っていた変名のほうだった。彼は宮城公博という実名ではなく、〈セクシー登山部〉の〈舐め太郎〉というわけのわからない名前を名乗っていたのだ。しかもメールには、滝谷から下山する際に撮影したという、氷壁を全裸でボルダリングする自身の破廉恥な画像が添付されていた。

何だ、この写真? もしかしてセルフタイマーによる自分撮り?写真は一応正面からではなく背後から撮られていたので、身体中央の核心部こそ写っていなかったものの、セクシー登山部の舐め太郎という人物から唐突に送られてきた挑発的で品性の感じられない画像付き自己紹介メッセージに、私は数分の間、たじろいだ。すぐにグーグルでセクシー登山部を検索すると、短い登山報告とともに、基本的にネタは下品なのだが妙に思索的で読ませる、いつくかの身辺雑記が見つかった。

ブログのなかの舐め太郎は、真面目を装った記事のなかでは〈奈目太郎〉という畏まった表記を使用していた。

触らぬバカに祟りなしだな……。

 このあたりでもうヤバい本だと確信し注文しまして、配達待ちです。

早く読みたいぞ!!

【こちらの記事もご覧ください】

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

clo-gen.hatenablog.com

 

 

 

 

広告を非表示にする