読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

浦沢直樹「YAWARA!」は柔道×ラブコメの完璧な一本勝ちだった。

サトーです。

このごろ浦沢直樹さんの「YAWARA!」を読んでおりました。

どハマりしてのめり込み、ついに最終巻を読み終えました。物語の終わりをさみしく感じつつも、非常にすがすがしい気持ちです。

なぜ、今まで読まなかったのか後悔するほど面白くて、「読んでよかった!!」と感涙しています。

YAWARA! 完全版 1 (ビッグコミックススペシャル)

YAWARA! 完全版 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

この「YAWARA!」は、一人ひとりが濃すぎるほどの名キャラ揃いで印象深いマンガでしたね。そしてなによりも、次々とトラブっては壁を乗り越えて、素敵な女性へと成長していく主人公・柔の姿が実にいきいきと描かれていて魅かれました。

作品のテーマは柔道。カタい男の競技イメージが強いこの競技を漫画のテーマとし、しかも主人公は女の子。そこへ恋愛やコメディ要素を組み合わせて人間模様を描きだす…浦沢先生はこの試みによって、スポーツ漫画としてはもちろん、恋愛漫画としても優れた漫画を送り出したのです。

なかなか進展しないスポーツ新聞記者・松田と柔の恋模様と、柔道という競技のダイナミズムが掛け算されたらそれが最後、ドキドキとワクワクが止まることはありませんでした。

登場する人物たちの様々な思いを抱き込みながら速度を上げ、大きな塊のようになって進んでいくストーリーは、傑作としか言いようがありません。

 

結末も素敵でしたね。

 序盤から少しずつ、柔と松田の気持ちは重なりそうになるけれど、恋敵たちの妨害にあって何度も何度もすれ違う。それが最後の最後までひっぱられてか・ら・の、期待通りなラストシーン。

 アラサー男(私)はウルウルとしちゃいました。基本的に、明るくポジティブな展開が多い作品でしたので、この終わり方はしっくりときてよかったです。

 柔ちゃん、本当によかったね…。

 

柔道漫画だけに、完璧な一本です。

 

しばらく余韻が消えそうにないみたいで、アニメ版ブルーレイをポチりたい衝動を抑えつつ、もう一回読みたい漫画です。

いや、間違えました。

「何度でも」読みたい漫画です。

YAWARA! Blu-ray BOX1

YAWARA! Blu-ray BOX1

 

【こちらの記事もいかがでしょうか】

 

広告を非表示にする