クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

「月の光」「惑星」・・・数々の名作を残した冨田勲氏、逝去。

https://pbs.twimg.com/media/Ch6OS4NUkAAL_1y.jpg

日本における電子音楽の祖、冨田勲さんがお亡くなりになりました。日本コロムビアが発表しています。

作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲氏(享年84歳)が、平成28年5月5日午後2時51分 慢性心不全のため東京都立広尾病院で逝去しました。
同日、昼ごろ自宅で倒れ、搬送先の病院で家族に看取られながら息を引き取りました。
葬儀は、5月7日、8日に親族のみで執り行われております。ここに、謹んでご報告申し上げます。

冨田氏は、日本コロムビアで作曲家としてのキャリアをスタートさせ、
NHK大河ドラマの第1作や手塚治虫アニメの音楽などを多数手がけました。
1970年代からは、シンセサイザーをいち早く導入し、「月の光」や「惑星」など数々の野心的なアルバムを発表。
日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を受けています。
近年では、2012年にバーチャル・シンガーの初音ミクソリストに組み込んだ「イーハトーヴ交響曲」を発表し、
国内外で上演を重ね話題となりました。
また、今年11月に上演予定の新作「ドクター・コッペリウス」の創作活動を逝去の直前まで行っていました。

故人の御冥福をお祈りします。

2016年5月8日
日本コロムビア株式会社 

冨田勲 INFORMATION|日本コロムビア

Twitterには富田さんに関するツイートが数多くありました。

 

そして冨田さんのご長男もコメントを発表されました。

冨田勲氏死去 長男・勝氏がコメント「倒れる1時間前まで打ち合わせを」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

「何かを楽した分、何かを失わなければならない。」

私は大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクルの中で富田先生が語っていたこの言葉が好きです。 デジタル技術の進歩で、優れたプリセット音が使えるようになったことについて触れ、自分の手で、一から何かを生み出す事の意味や価値を語った際の言葉です。

まだ世の中がシンセを知らないような時代に、いち早く音楽制作に取り入れ、新しい音を作ってきた先駆者の言葉の重みがズシリときます。

 

あと、その昔、個人輸入したシンセが税関で止められてしまい、キース・エマーソンが演奏している写真を見せて、ようやく審査をパスしたという逸話も大好きです。

 

悲しいけれど、冨田先生の音楽はなくなる事はありません。

いつまでも愛され、世界中で流れていくのだと思います。

私も聴き続けていきます。

お悔み申し上げます。

月の光

月の光

 
TOMITA ON NHK 冨田勲 NHKテーマ音楽集(新装版)

TOMITA ON NHK 冨田勲 NHKテーマ音楽集(新装版)

 
ホルスト:組曲「惑星」

ホルスト:組曲「惑星」

 

 

 

広告を非表示にする