読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

車のシートベルト・リマインダー設置義務化と、私がつけて欲しいと思う機能。

話題 テクノロジー

 

サトーです。

自動車事故の死亡率、減るといいですね。

後部座席のシートベルト警報音 国交省、設置義務化の方針(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

これによると、

シートベルトをしないで走行すると警報音が鳴る装置の設置を後部座席にも義務化する方針を、国交省が固めた。早ければ、2017年春にも保安基準が改定される見通し。
後部座席にも設置が義務化されるのは、「シートベルト・リマインダー」と呼ばれる装置で、シートベルトをつけないで車が走ると、警報音が、鳴り続ける仕組みになっている。

早ければ、2017年春にも保安基準を改定し、一定期間のあとに製造された車から、装置の設置が義務化される見通し。 

 とのことです。

安全機能と言えば、飲酒運転防止機能も実装して欲しいですね。NISSANがコンセプトカーとして開発した自動車があるのですが、これが画期的でした。

シフトノブのセンサーで汗に含まれるアルコールの検知してシフトロックをかけたり、顔認識で飲酒を検知し、運転挙動からも飲酒運転の疑いを判断し警報を鳴らすそうです。

飲酒運転防止コンセプトカー | 日産|技術開発の取り組み

こういう車が標準となってほしい所ですが、既得権益を崩すことは難しいでしょうね。こういう車の発売よりは飲酒・酒気帯び運転の厳罰化が現実的でしょうか。

もともと不完全な人間が酒に酔い、さらに判断力を低下させて事故を起こすだなんて愚かにもほどがあるので、もっと厳しくしてほしいです。

 

車と言えば、星新一の小説で、

「機能がてんこ盛りで、なんでもしてくれる。でも最高時速は30キロしか出ない。」ってクルマの話がありましたねえ。ゆっくりと安全速度で走ってくれて、なんでも済ませられるなら、そんな車に乗りたいです。

わたしたちは不完全な生き物ですから。

妄想銀行 (新潮文庫)

妄想銀行 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする