クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

ワイン酵母仕込み、新感覚派の純米酒「釜屋 ARROZ-アロス-」をいただきました。

 

f:id:anarogtarou:20180406150756j:image

埼玉の酒蔵・釜屋さんから、ワイン酵母で仕込んだという日本酒「ARROZ」をいただきました。

ワイン酵母でも日本酒を醸せるものなんですね。化学ってすげぇや。

最近はお酒を飲むことが少なくて舌がバカになってますが、せっかくの頂き物ですから、夕飯のお供に頂いてみました。

ARROZとは?

 国産米のみを原料とし、ワイン酵母を使用し、独自の製法で仕込んだ純米酒
白ワインのような甘くて酸味のある味わいの中に、しっかりとした米の味わいも感じられます。
ARROZ(アロス)とは、スペイン語で「米」という意味です。
冷やしてお召し上がりください。

ワイン酵母仕込み純米酒 ARROZ(アロス) | 株式会社 釜屋

どんな酒蔵が造ってる? 

埼玉県加須市で、1748年から実に270年続く老舗酒蔵「釜屋」が作っています。 270年の歴史を大事にし、日々技術の向上に勤しむ一方で、30代の蔵元(社長)と 平均年齢34歳の蔵人達が新しい可能性にも挑戦している酒蔵とのことです。

 飲んでみた感想

 思った以上の「白ワイン感」。飲む前の香りがとても純米酒とは思えません。口に含んだときの酸味と渋みが印象的です。

しかしながら、コメがもつ甘さや味わいも備わっているという不思議さ。ちょっと何を飲んでいるのかわからなくなるような新しさです。

甘すぎず、重たすぎず、バランスのいい味わいです。アルコール度数が12度と、それほど高くないこともスッキリさにつながっていると思います。

キリッと冷やしてグラスで飲むのもいいでしょうね。

 最後に

お酒造りって奥深いものですね。長年かけて培ってきた伝統を守りつつ、新しいことにも取り組んでいく釜屋の姿勢は素敵だと思います。

ARROZは、いつもとちょっと違う日本酒を飲んでみたい方や、すっきり飲みやすいものから日本酒を飲み始めてみたいという人にもいいんじゃないかと思います。

 詳細はこちらからどうぞ↓