クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

SPARKS 2017.10.24 東京キネマ倶楽部

「結成50年、あと何回SPARKSを見られるだろうか?」ということを考えたとき、この来日公演は逃すことができないと思い東京へ。

 

会場の東京キネマ倶楽部は素敵なところでした。とてもいい雰囲気だし、キャパ500(?)とコンパクトな会場なのでステージとの距離も近くて◎。末永く残ってほしい建物のひとつです。

開演前には岸野雄一さんにお会いできて、少しお話しすることができてうれしかったです。POLYSICSハヤシ&ナカムラの両氏の姿も見えましたね。

そしてライブでは感情豊かにのびのびと歌い上げるラッセルと、伝統工芸品を作る職人のごとく(たまに踊りながら)演奏に徹し、表情を変えず黙々と鍵盤を弾くロンの対比も見どころの一つで、こういうところにあらためてライブの面白さを感じます。

SPARKSの曲は、聴けばすぐにノっていける極めてポップなものです。その一方で展開やメロの複雑さを持ち合わせていて、ライブではそれ相応の演奏レベルが要求されるかと思うのですが、どの楽器もタイトに決まっていました。さすがです。

因みにバックバンドメンバーはこちらの方々。
Ba. Zach Dawes (Mini Mansions / The Last Shadow Puppets)
Key. Tyler Parkford (Mini Mansions)
Gt. Evan Weiss (Into It. Over It.)
Gt. Taylor Locke
Dr. Steven Nistor

アンコール含め1.5hほどの演奏だったでしょうか。新旧織り交ぜた曲目で、おおいに楽しませていただきました。

またぜひ日本へ来てほしいですね。

 

www.youtube.com