クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

外付け用SSDを組んでみた。

 

SSDってものに手を出してみました。

Solid State Drive…イカした名前にYMOのアルバムを思い出します。

PC内蔵のHDDとの交換も容易そうでしたが、持っているノートPCが古く、ディスプレイのヒンジ部分が怪しいのでPCの買い替えも考えています。なので、それまでのデータ避難先として外付けSSDを選びました。

f:id:anarogtarou:20180308151305j:image

SSD本体はサムスン「850 EVO」、ケースは玄人志向の2.5インチ用ケースにしました。パソコン工房で併せて1万円ほどでした。

f:id:anarogtarou:20180308164209j:image

 f:id:anarogtarou:20180308151637j:image

iPhone6と比べた大きさはこんな具合です。ケースはヘアライン加工のアルミと見せかけたプラスチックです。

そしてメーカーは『玄人志向』ですが、たとえ素人でも組み立てはとても容易です。「ケースのフタを開けて、SSDを差し込んで、フタを閉めるだけ」という手軽さで驚きました。あとはPCにつないでフォーマットするだけ。

組み立てよりもパッケージ開封にかかった時間の方が長かったのではないでしょうか。

私が主に使っているデジタルカメラSIGMA DP2xなのですが、こいつで撮ったRAWデータのファイルサイズがデカイのなんの。PCでSDカードの中身を一覧で見たときにサムネがわりにJPGも一緒に保存しているのでなおのことデカくなっています。

子どもが二人に増えたら、写真と動画のデータ量がえらいことになりますね。編集やプリントが追いつかないのも最近の悩みでもあります。

我ながらバカだと思ったのは、使ってるPCがUSB3.0非対応だったことですね。転送速度には期待できませんが、とりあえずデータ避難先、無事確保です。