クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

スリーアウトチェンジ/スーパーカー

f:id:anarogtarou:20171104235003j:image

98年に発表されたスーパーカー「スリーアウトチェンジ」の再発アナログ盤をやっと聴くことができました。(CDはオリジナルや再発2枚組だって持っているというのに。病気だ。)

f:id:anarogtarou:20171104235017j:image

f:id:anarogtarou:20171104235020j:image

f:id:anarogtarou:20171104235032j:image

まったく色褪せないアルバムですね。

なんというか、いろいろとすごい作品だなあと思います。20歳前後で300曲もストックがあって、そこから選んだ19曲をほぼ全て一発録りしたのが本作だそうで。

そしてデビュー作にして「スリーアウト」ですからね。終わりがあって、そこからまた始まるようなイメージで、タイトルは素敵だと思います。

また、しらけたような、どこか人生を達観したような歌詞は気だるげな歌唱とあいまって、現代の若者やそれを取りまく時代の雰囲気をうまく捉えていると思います。スーパーカーの曲は、無駄にポジティブなJ-popよりもはるかにリアリティがあって、聴いていると未だにドキッとすることがあります。

この作品以降、SUPERCARは表現手段としてシンセや打ち込みなどを取り入れ、様々な試行錯誤をしながら作品を発表していきます。4th『HIGHVISION』における大胆な変化がこのバンドの行く末を決めることになるわけですが、それでもなお表現のありかたを突き詰めようとしたところに、このバンド(ナカコー)の美学を感じるのであります。

そんな彼等の原点であるアルバムを久々に聴きながら、初めて聴いた高校のころを思い出したりしてみた雨の降る休日でした。

若さ、青さ、やるせなさ。

恋しさとせつなさと心強さ。

恋しさと せつなさと 心強さと

違った。

あとBサイド集もいい曲がたくさんあって好きです。

B

【こちらの記事もいかがでしょうか】

蒸気波要点ガイド vaporwave essential guide - クローズアップ源内

このすばらしき有害図書「新 荒唐無稽音楽事典」 - クローズアップ源内

タカハシユキオ(YKOYKO™)さんからボウイのステッカーを頂きました! - クローズアップ源内

このほか音楽に関する投稿はこちらからどうぞ。