クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

手帳ジプシー、安住を探し求めて2018年の手帳を買う。

f:id:anarogtarou:20171129152616j:image
サトーです。来年の手帳をどうしようかとソワソワする季節です。
今年は仕事用に「ほぼ日手帳 カズン」、日記には「Redsotone Diary」を選びましたが、結果から言うと、まったくと言っていいほど活用できませんでした。
ほぼ日は紙質が素晴らしく、凝ったつくりで好きですが、自分の使用用途がそのスペックを必要としていなかったと思います。
RedStoneのほうも、ページごとに印刷されたアートを眺めるばかりでしたねえ...。ペンが引っかかるような紙質がイマイチで、あまり筆がすすみませんでした。
こんな具合で今年も手帳ジプシー(放浪者)です。
さて、来年はどうしていこうかということで、
「予定管理はスマホ中心にして、手帳はサブ的に使う」
「日記は日数分のページがあって、書きたいときに書ければよい」
用途をこの2点に絞り、安住の地を目指して買った2冊をご紹介。 

 

 

ミドリ MDノート 文庫 方眼罫

f:id:anarogtarou:20171129152547j:image

まずは『ミドリ MD ノート』。とてもシンプルな一冊です。余計なページは一切ありません。日付すら入っていませんので、日記を書くときは日付も書く必要があります。ためしに書いてみたところ、ペンが引っ掛かる感じがなく、かといってツルツル滑るわけでもなく、書き心地は『いい心地』です。648円なら、書けない日があっても『まあいっか』と思える価格だと思うし、毎日書かなきゃというプレッシャーも減ります。

f:id:anarogtarou:20171129152639j:image

パタッと開いて広がります。ほぼ日手帳よりはガバっとはいかない印象ですが、それなりに安定しています。

f:id:anarogtarou:20171129152721j:image

余計な装飾は一切なく、小さな原稿用紙みたいです。使うときはそのままでもいいし、好きな文庫カバーをかけてもいいかもしれませんね。このミニマリズムが気に入りました。 

コクヨ キャンパスダイアリー 手帳 マンスリー 方眼罫 A5

f:id:anarogtarou:20171129153030j:image

続いては『コクヨ キャンパスノート ダイアリー』です。amazonでは397円。

もはや国産ノートの代名詞ともいえるキャンパス。手に取ると学生時代に戻ったような、原点回帰したような気持がして落ち着きます。用紙には、キャンパスノートと同じオリジナル原紙を使っており、こちらも書き心地には申し分なし。

f:id:anarogtarou:20171129153043j:image

年間カレンダーと、年度計画表。祝祭日や月の満ち欠けも知ることができます。

年間カレンダーを撮り忘れたのでコクヨさんから拝借。こんなページです。

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/campusdiary/lineup2/images/2018_popup-11.png

f:id:anarogtarou:20171129153109j:imagef:id:anarogtarou:20171129153136j:image

それ以降は月ごとに見開き1ページ。左わきやページ下部にもスペースがあり、書き込めるスペースも十分。余談ですが、2月2日で私は30歳。

月ごとのページが終わると残り33ページは方眼ページ。用紙の端から端まで方眼です。これだけのページがあれば、十分メモにも使えそうです。

 

あたらしい筆記用具、文房具ってわくわくしますね。来年こそ、来年こそはうまく活用していきたいと思います。 手帳ジプシー卒業なるか!?

ミドリ MDノート<文庫> 方眼罫

ミドリ MDノート<文庫> 方眼罫