クローズアップ源内

日々の暮らしや、音楽、山、その他もろもろ。

十日町産ホップと蕎麦のクラフトビール誕生なるか!?妻有ビールがクラウドファンディング挑戦中。

 

f:id:anarogtarou:20170709042119j:image

十日町産ホップと蕎麦を使ったクラフトビールが飲める日が来るなんて…涙がこぼれそうです。

新潟ゆかりのプロジェクトを支援するクラウドファンディングサービス『にいがた、いっぽ』において、「クラフトビールで町おこし 妻有ビールプロジェクト」が始まっています。

クラフトビールで町おこし 妻有ビールプロジェクト|にいがた、いっぽ 新しいことを始めたいあなたと、夢のあるプロジェクトを応援したいあなたをつなぎます。

地元素材を使ったビール製造となれば、この土地の農業生産者を支えることや、製造・流通のための雇用創出にもなり、ビールで十日町が活き活きしていくのではないでしょうか?

アートの祭典「大地の芸術祭」の開催地でもある十日町。訪れた人たちが作品鑑賞をしつつビールを飲む光景が見られたり、県内外のビアフェス十日町のブルワリーも並ぶかもしれないんです。ワクワクしますねぇ。

スタートから10日ほど経った7/9現在では、100万円の募集額に対しおよそ45万円が集まっています。私も1万円出資してみましたが、これはなかなかのペースで期待大!

アウトサイダーブルーイングで研修を積んだ高木さんのビールが、どんなビールになるのかとても楽しみです。